自律神経症状についてお話させていただきました。

2019年7月6日

十勝プラザにてお話させていただきました。

内容は自律神経症状の機序や、徒手療法ではどのようなことをしていくか、というようなことを、簡単にお話させていただきました。

しかしながら、同時に講演していただいた長沼先生、佐々木先生の内容も非常にわかりやすく、私自身が勉強させていただきました。

 

多重迷走神経理論の考え方は、自律神経症状を紐解いていくには重要だと思います。

 

質問等でもありましたが、鍼施術には恐怖や不安が伴う場合が多いかもしれません。

それは『はり』という言葉のイメージがもたらすものです。

要は症状がよくなれば良いのですから、言葉でどんなイメージを持たれるかというのは、気を付けるべきだと考えています。

当日使用した簡単な資料は、当院で配布しますので、必要な方がいらっしゃればお伝えください。

 

関連記事

  1. 『起立性調節障害をココロとカラダから読み解く』講演会に参加し…

  2. 自律神経症状の勉強会に参加してきました。